専門分野 物性物理学
担当科目 学  部 : 基礎物理学A,基礎物理学B,基礎物理学A演習,
       物理学実験,光学,量子物理学,量子エレクトロニクス
大学院 : 固体物性,機能材料物性学特論,物質・材料特別研究
研究テーマ Ⅰ.物性物理学

 物性物理学は、物質のマクロな性質を新たに見いだして正しく認識
 し、それらが発現するメカニズムを原子・電子のミクロな立場から明
 らかにする現代物理学です。明らかにしたメカニズムと法則は理工
 学の指針となり、応用されて私たちの役に立ちます。

  1.強誘電性相転移の秩序形成ダイナミクスの研究

  2.ガラスの遅い緩和と低エネルギー励起の研究
    http://www.physics.cc.it-hiroshima.ac.jp/pdf/shigaku1_ozaki.pdf

  3.シンクロトン放射光を用いた物質の新しい基底状態の探索

Ⅱ.物理教育

  1.課題解決型の物理学授業
    「100円ライター大解剖」  
    http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/10697
  
  2.物理学実験法に基づいた成績評価法
    「GPAの適性な有効数字」
    http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12070

最近の業績⇒
メッセージ  ・ 物理で鍛えた頭と体こそが、社会へ出て役にたちます。物理を活
  活き学んで理工系の思考回路を作り、成功体験を積み重ねよう。

 ・ 学生さんの目標は、物質のミクロなイメージを描けるようになるこ
  と。私の希望は、学生さんが一人前の物理学者になることです。

 ・ 「100円ライター大解剖」のメッセージは健在です。メッセージ⇒
その他 日本物理学会会員






                            
100円ライター大解剖
  
 
                  尾崎 徹

 電子50周年おめでとうございます。卒業生のみなさんは
 お元気でしょうか。

  私は2000年から物理学に関連した科目を担当してきま
 した。そのなかで一番印象に残っているのは、「総合ゼミ
 ナール」という新入生のために開講されたセミナーです。
 そのひとコマとして、みなさんに「100円ライター大解
 剖」をしてもらいました。覚えておられるでしょうか。圧
 電式の100円ライターを分解して、着火の仕組みとエネ
 ルギー変換の機構を明らかにしました。最後に、ライター
 の残骸を分別してゴミ箱へ捨ててもらいました。

 
 




 みなさんが活き活きとして反応が良いので、やりがいがありました。1ページのレポート
 からも熱気が伝わってきました。うまくいかなかったときは、「腕を磨いて、つぎの機会
 には必ず」というリベンジの誓いがあり、安易に「感動した」と言ってすませるようなこ
 とはありませんでした。毎年、学期末に実施されたアンケートから、みなさんにとって大
 解剖が一番印象深いテーマであることがわかりました。


 総合ゼミナールは、2006年から入門ゼミナールという科目名に変わり、そのなかで大
 解剖は生きのびました。しかし、2010年からは、初年次セミナーとキャリアデザイン
 Ⅰという科目名に変わり、文字通り新入生が勉強の仕方を身につけて、就職を意識するた
 めの時間になりました。大解剖の方は、イリノイ大学から毎年やって来る短期留学生に楽
 しんでもらっています。この度、紀要の紙上で100円ライター大解剖を再現しましたの
 で、下記[1]URLから直接ダウンロードしてご覧いただくことができます。アクティブラ
 ーニングの事例を紹介した報告書ですが、日米の学生の取組み方も比較しており、カラフ
 ルで肩の凝らない内容になっています。


 大解剖を経験した1000人余りのうち、最初のみなさんは今や30歳です。忙しい日々
 のなかで、ふと大解剖の光景を思い浮かべることはあるでしょうか。大解剖を通してみな
 さんに伝えたメッセージは、今でも生きています。「自ら行動して英知を獲得しよう。」
 「21世紀も、物性物理学と良好な関係を持つことによって電子工学は発展します。そう
 して豊かな社会が実現します。」

 みなさんのご健康と、電子の更なる発展を祈念します。


(広島工業大学工学部 電子情報工学科 教授)

 

 [1] 尾崎 徹,広島工業大学紀要 教育編 11巻(201249-59.
    100円ライター大解剖新入生セミナーのための1コマ体験学習― ”
    http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/10697






 

 最近の業績

 

 著書

  2015

 ・尾崎 徹,基礎物理WORKBOOK<第2版>.
   ISBN978-4-8082-2053-291日,東京教学社.

   http://www.physics.cc.it-hiroshima.ac.jp/education2.html

 論文(査読あり)

  2015

 ・Yoshihiro Ebisu (D1), Kouichi Hayashi, Naohisa Happo, Shinya Hosokawa, Tōru Ozaki,
   Transactions of the Materials Research Society of Japan 40 (2015) 355-358.

   “Local Structure Analysis of Lanthanum-Doped Strontium Titanate by Means of X-Ray
   Fluorescence   Holography”

 ・Y. Ideguchi, K. Kamimura, K. Kimura, S. Hosokawa, N. Happo, K. Hayashi, Y. Ebisu (D1),
   T. Ozaki, J. R. Stellhorm, M. Suzuki, H. Okazaki, A. Yamashita, Y. Takano,
   Z. Phys. Chem. (2015) in press.
   “X-Ray Fluorescence Holographic Study on High-Temperature Superconductor FeSe0.4Te0.6

  2014

 ・Tōru Ozaki, Toshiyuki Muranaka, Naoki Takata (M2), Hirotaka Yamaguchi, Kentaro Kajiwara,
   Yoshinori Chikaura,

   Ferroelectrics 462 (2014) 14-18
   “Spontaneous Strains of Conductive Strontium Titanates SrTi1-xNbxO3 and SrTiO3-δ
   Measured by Synchrotron X-Ray Topography”

 ・Shinya Hosokawa, Naohisa Happo, Shinya Senba, Tōru Ozaki, Tomohiro Matsushita,
   Akihide Koura, Fuyuki Shimojo, Kouichi Hayashi,
   Journal of the Physical Society of Japan 83 (2014) 124602-1-8.
   “Local Clusters in a Distorted Rocksalt GeTe Crystal Found by X-Ray Fluorescence
   Holography”


  2013

 ・Shinya Hosokawa, Naohisa Happo, Tōru Ozaki, Hiroyuki Ikemoto, Toetsu Shishido,
   Kouichi Hayashi,

   Physical Review B 87 (2013) 094104-1-8.
   “Extent and Feature of Lattice Distortions around Ga Impurity Atoms in InSb Single Crystals”

 論文(査読なし)

  2015

 ・尾崎 徹,井上 光,広島工業大学紀要 教育編 第14 (2015) 23-28.
   “GPAの適正な有効数字
   http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12070

  2014

 ・鈴木 貴,長尾 絢 (G4),尾崎 徹,広島工業大学紀要 研究編 第48 (2014)
   43-51.

   超弦理論が表す高次元時空の重力とその測定法の検討 -原子間力顕微鏡法-
   http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12054

  2013

 ・Tōru Ozaki, Yoshihiro Ebisu (M2), Kouichi Hayashi, Naohisa Happo, S. Hosokawa,
   SPring-8 User Experiment Report 2013B1368.
   “Local Structure Analysis of Lanthanum-Doped Strontium Titanate by Means of X-Ray
   Fluorescence
Holography”

 ・井上 光,尾崎 徹,鈴木 貴,中西助次,細川伸也,大政義典,
  広島工業大学紀要 教育編 第12 (2013) 29-38.
   “HIT基礎物理学シリーズ 2.工科系のための基礎力学
   http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/12007

  2012

 ・井上 光,尾崎 徹,鈴木 貴,中西助次,細川伸也,
  広島工業大学紀要 教育編 第11 (2012) 39-48.
   “ HIT基礎物理学シリーズ 1.力学WORKBOOK”
   http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/10696

 ・尾崎 徹,広島工業大学紀要 教育編 第11 (2012) 49-59.
   “100円ライター大解剖 -新入生セミナーのための1コマ体験学習-
   http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/it-hiroshima/metadata/10697 


 国際学会(査読あり)

  2013

 ・Kazuki Otani (M2), Naohumi Sakata (G4), Tōru Ozaki, Keishi Kawabata,
   Journal of Physics: Conference Series 417 (2013) 012035-1-6.
   “Effects of Magnetic Flux Density and Substrate Temperature on Ni Films Prepared by
   Means of Unbalanced Magnetron Sputtering Assisted by Inductively Coupled Plasma”


 国際学会(査読なし)

  2014

 ・Yoshihiro Ebisu (M2), Kouichi Hayashi, Naohisa Happo, Shinya Hosokawa, Tōru Ozaki,
   “Local Structure Analysis of Lanthanum-Doped Strontium Titanate by
   Means of X-Ray Fluorescence
Holography”

国内学会(査読なし)

  2015

 ・戎 佳宏 (M2),林 好一,八方直久,細川伸也,尾崎 徹,
   28回日本放射光学会年会,立命館大,111日,20152D003.
   “蛍光X線ホログラフィーによる伝導性チタン酸ストロンチウムSr0.95La0.05TiO3
  局所構造解析

 





物理グループHP

電子情報工学科HP

Copyright (C) 2004-
Dept. of Electronics and Photonic Systems Engineering,
Faculty of Engineering,
Hiroshima Institute of Technology